映画「リメンバー・ミー」と広島県がタイアップ!

2018年3月2日

映画「リメンバー・ミー」

本年度アカデミー賞®に2部門(長編アニメーション賞、主題歌賞)ノミネートされ、受賞最有力との呼び声も高く、日本での公開を前に、早くも話題作となっている映画「リメンバー・ミー」。 本作は、これまで誰も観たことがない世界を舞台に数々の感動的な物語を生み出してきたディズニー/ピクサー最新作! メキシコの「死者の日」をテーマとした映画で、 3月16日(金)から、全国の劇場で公開予定です。

そうした中、メキシコの2020年東京オリンピック・パラリンピック大会ホストタウンである広島県は、映画「リメンバー・ミー」とメキシコ事前合宿を一緒に盛り上げるべくタイアップポスターを制作しました!

映画「リメンバー・ミー」ポスター

このポスターは、2月8日に開催した「第1回メキシコ選手団キャンプ受入・交流全県推進会議」の場で、本場メキシコのマリアッチの情熱的な演奏の中、初のお披露目となりました。 さらに、2月26日には、映画「リメンバー・ミー」でお父さん役の吹き替え声優を務めた、だいすけお兄さんこと、横山だいすけさんもこのポスターを携え、知事を訪問頂きました。 このポスターは今後、県内の小・中・高等学校、大学や体育施設などさまざまなところに貼られる予定です。

知事を表敬訪問した、だいすけお兄さん

映画「リメンバー・ミー」のメキシコ旋風の中、この4月からは、いよいよメキシコの選手団の事前合宿が広島県内各地で始まります。 県内の各ホストタウンでは、メキシコ選手団との様々な交流事業を準備しており、東京オリンピックを見据えたトップアスリートだけが持つ、鍛え抜かれた至高の心・技・体を間近に見て、体感することができる絶好の機会です! 皆さん、このチャンスを逃さず、またとない貴重な体験をしてください!

映画「リメンバー・ミー」のストーリー

家族に音楽を禁じられながらも、ミュージシャンを夢見るギターの天才少年ミゲル。 ある日、カラフルで美しい死者の国に迷いこみ、日の出までに帰らないと、永遠に家族と別れることに…。 唯一の頼りはガイコツだが、彼にも、家族に忘れられると存在が消えるという運命が。 絶対絶命のふたりと家族をつなぐ重要な鍵―それは、ミゲルが大好きな名曲“リメンバー・ミー”に隠されていた。

映画「リメンバー・ミー」 - ディズニー公式サイト (外部サイト)

東京五輪・メキシコ事前合宿支援へ向け、広島全県組織を設立! - こちら広報課「今週のトピックス」
2018年~メキシコ選手団が広島にキャンプにやってくる! - こちら広報課「今週のトピックス」
メキシコオリンピックチームの受入市町が決定! - こちら広報課「今週のトピックス」
メキシコオリンピック委員会、東京五輪の事前合宿を広島で! - こちら広報課「今週のトピックス」

月刊こちら広報課 最新号はこちら