ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 農業技術課 > 鳥獣被害対策用の電気さくにおける安全確保について

鳥獣被害対策用の電気さくにおける安全確保について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年7月23日更新

 平成27年7月19日に,静岡県西伊豆町において,鳥獣被害防止のために設置された電気さくに起因する,感電・死傷事故が発生しました。

 広島県内でも,イノシシやシカなどの野生動物による被害防止のため,各地で電気さくが設置されていますが,電気事業法(昭和39年法律第170号)に基づく電気設備に関する技術基準を定める省令(平成9年通商産業省令第52号)により,感電等の事故防止のための適切な設置が必要です。

 電気さくの設置者の皆様には,今一度,点検をお願いします。

1 危険表示

 人が見やすいように,適当な位置や間隔で危険表示をする必要があります。

 2 漏電遮断器の設置

 電気さくを公道沿いなどの人が容易に立ち入る場所に設置する場合で,30ボルト以上の電源(家庭のコンセントなど)から電気を供給するときは,危険防止のために漏電遮断器を設置する必要があります。

3 電波発生による障害の防止

 電気さくから発生する電波が,テレビやラジオなどの無線設備に継続的かつ重大な障害を生じさせないよう設置する必要があります。

 詳しくは,下記の農林水産省のホームページ及び経済産業省作成のパンフレット等をご覧ください。

農林水産省ホームページへのリンク

http://www.maff.go.jp/j/seisan/tyozyu/higai/anzen_kakuho_20150721.html

資料

 ・電気さくに関する経済産業省作成パンフレット (PDFファイル)(3.21MB)

・経済産業省からの事務連絡 (PDFファイル)(73KB

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ