ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ひろしま県民だより(平成28年4月号まで) > [[site_menu_name_now_link]] ひろしま県民だより 平成27年2月号(第337号)

  • トップページ
  • 特集1 けんみん調査隊
  • 特集2 ”今”やらんといけんじゃろ!
  • 教えてっ!湯崎知事
  • ひとコマニュース
  • お知らせ
  • プレゼントコーナー

ご存知ですか?広島県はレモンの生産量日本一 明治時代から瀬戸内を中心に栽培が始まり、現在では栽培面積・生産量ともに日本一。防腐剤は使用しないので皮ごと食べられます。

大崎上島のかんきつ栽培を支えていきたい。

かんきつ農家 文田 秀也(ぶんだ ひでや)さん
故郷の大崎上島でかんきつ類を栽培しています。これまで実家の農業や、会社員などさまざまな仕事を経験してきましたが、農事組合法人「シトラスかみじま」が設立されたことをきっかけに、本格的に農業に取り組むようになりました。現在はハウスだけでなく、露地栽培にも力を入れ、レモン、せとかなどを育てています。とりわけレモンは、生産量No.1の県としてのブランド力も高まり、安定供給が求められています。これからも若手の農業従事者と協力しながら、大崎上島のかんきつ栽培を支え続けていきたいですね。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。