ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > ひろしま県民だより(平成28年4月号まで) > [[site_menu_name_now_link]] ひろしま県民だより 平成27年6月号(第339号)

  • トップページ
  • 広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動
  • 「災害死ゼロ」に向けた5つの行動目標
  • 過去に広島県内で発生した大規模な豪雨災害の事例
  • 身の回りの環境・状況を「知る」ことが第一歩
  • お知らせ
  • プレゼントコーナー

あなたもメンバーの一員です。
広島県「みんなで減災」県民総ぐるみ運動

ご存知ですか?県内の消防団員数は22,275人(H26年4月)消防団員は、本業を別に持ちながら火災時の消火活動や平時の住民啓発活動等を行っています。近年では女性の割合が増えています。(女性消防団員数H24年399人⇒H26年439人)

地域の防災に貢献するため、消防訓練に励んでいます。

学生消防団員 澄岡 千尋(すみおか ちひろ)さん

広島国際大学に在学しながら、東広島市消防局の学生消防団員として消防訓練に励んでいます。入団のきっかけは、救急救命士をめざす上でこの経験が活きると思ったから。現在は、今年10月に開催される全国女性消防操法大会に向け、地域消防団の方々のご指導により、規律訓練やポンプ操法訓練を行っています。もちろん、万が一地域で火災が発生した時は出動する可能性もあります。できることは限られていますが、女性ならではの細やかなサポートで、地域の防災に貢献したいと思います。

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。