ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県高等学校等奨学金(留学奨学金)について

1 制度概要

 留学を志す意欲のある高校生などを対象に,留学を実施するために必要な経費の一部を貸し付けます。

(1)貸付額

区分及び上限額

区分

貸付上限額

2週間以上3か月未満

200,000円

3か月以上

500,000円

(2)貸付利息/無利息

(3)貸付対象/次の1~3を満たしている者で,平成30年4月以降出発する留学が対象となります。
 1 高等学校(中等教育学校の後期課程を含む),高等専門学校,特別支援学校の高等部または専修学校高等課程に在学していること
 2 保護者が広島県内に住所を有すること
 3 外国の教育施設において,教育を受けるため,2週間以上の期間,留学を行おうとしているものまたは行ったもの

(4)貸付方法/一括貸付(口座振替)

(5)受付期間/平成30年4月から随時

(6)償還方法/開始時期:高等学校等を卒業する月の翌月または奨学金の貸付が打ち切られた月の翌月のいずれか早い月から6か月経過後(償還期間:10年間)
  ※奨学金の全部または一部の繰上償還可

(7)その他/留学に関する助成金や他の奨学金との併給が可能です。
(留学費用の総額から,他から受給する助成金や奨学金を併せた総額を差し引いた額が上記の上限額を下回る場合は,その下回った額が貸付上限額となります。)

応募要項 (Wordファイル)(31KB)

2 手続き概要

(1)申請
 ☆申請者は,広島県高等学校等奨学金貸付申請書(留学奨学金用)に留学する(した)ことが分かる書類添えて学校長に提出(留学から帰国した後に提出する場合は,留学から帰国した日の翌日から1か月以内に提出)
 ○学校長は,この申請書(添付資料を含む)に推薦調書(留学奨学金用)を添えて県(学びの変革推進課)に提出

(2)貸付決定
 ●県は,申請書の内容を確認後,貸付を決定する場合は,貸付決定通知書を申請者に通知
 ☆申請者は,貸付決定通知書を受領後15日以内に,保証人2名と連署した誓約書に口座振替依頼書を添えて県(学びの変革推進課)に提出(連署の際には実印を用い,印鑑証明書を添付する。)

(3)貸付
 ●県は,誓約書を受領後,速やかに貸付を実施

(4)借受後
 ☆申請者は,借受を確認後,保証人2名と連署した奨学金借用証書及び奨学金償還計画書を県(学びの変革推進課)に提出
 ※申請者が対象要件に該当しなくなったとき,または,退学及び留学を中止した時は,異動届を県(学びの変革推進課)に提出。

書類提出先及び問い合わせ先

 広島県教育委員会教育部学びの変革推進課「学びの変革推進担当」
 簡易書留郵便による郵送または持参(平日9時00分~17時00分)のこと。
 また,封筒の表に「留学奨学金貸付申請書類在中」と朱書きし,封筒の裏に差出人の住所及び氏名を明記すること。

広島県教育委員会事務局教育部学びの変革推進課(広島県庁本館R階)
学びの変革推進担当
電話:082-513-4969

(提出書類等)

 様式1号の3 広島県高等学校等奨学金貸付申請書(留学奨学金用) (Wordファイル)(54KB)
 【記入例】様式1号の3 広島県高等学校等奨学金貸付申請書(留学奨学金用) (Wordファイル)(66KB)
 様式2号の3 推薦調書(留学奨学金用) (Wordファイル)(35KB)
 様式4号 口座振替依頼書 (Wordファイル)(31KB)
 様式5号 誓約書 (Wordファイル)(30KB)
 様式9号の2 奨学生(借受者)異動届 (留学奨学金用) (Wordファイル)(24KB)
 様式12号 奨学金借用証書 (Wordファイル)(30KB)
  様式13号 奨学金返還計画書 (Wordファイル)(48KB)

 

このページに関連する情報

この記事をシェアする