ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

広島県サポート型金融商品登録制度について

印刷用ページを表示する掲載日2018年5月31日

新着情報

現在、掲載されている情報はありません。

広島県サポート型金融商品登録制度について

◆登録制度創設の目的

中小企業が抱える経営上の課題解決を支援するため,地域金融機関と連携し,

地域金融機関が企画した「経営サポート機能」を有する金融商品のうち,

本県施策「ひろしま未来チャレンジビジョン」と合致するものを「県登録商品」として

位置付け,広く周知することにより,経営サポート機能の利活用を推進していきます。

◆登録制度の概要

登録要件

  1. 県費預託融資制度取扱金融機関であること
  2. 「ひろしま未来チャレンジビジョン」の施策を推進する金融商品であること
  3. 登録商品利用者に対し,金融機関が有用なサポートサービスを提供でき,かつ,定期的にフォローできる支援体制が構築されていること
  4. 県内事業者(中小企業・小規模事業者を含む)を対象とする金融商品であること

役割分担

 《金融機関》 県登録商品の企画,運営,管理及び周知

 《広 島 県》  県登録商品の周知(県HPなどでのPR)

◆登録金融商品の内容

現在の登録金融機関 7金融機関

広島銀行もみじ銀行鳥取銀行広島信用金庫呉信用金庫広島みどり信用金庫広島県信用組合

施策分野別登録内容

ひろしま未来チャレンジビジョン
(施策分野)

対象項目

登録内容/金融機関名

新たな経済成長

創業・事業承継・生産性向上 など

●創業/広島銀行もみじ銀行鳥取銀行広島信用金庫呉信用金庫広島県信用組合●事業承継/広島銀行広島みどり信用金庫呉信用金庫

人づくり

働き方改革・女性活躍・健康促進 など

●女性の創業/もみじ銀行●健康促進/広島銀行●雇用促進/鳥取銀行

安心な暮らしづくり

BCP(事業継続計画)・防災減災対策

●BCP/広島銀行●防災・減災/広島銀行

豊かな地域づくり

CSR(企業の社会的責任) など ●観光/鳥取銀行

 ◆登録制度公募要領について

広島県サポート型金融商品登録制度公募要領 (PDFファイル)(293KB)

広島県サポート型金融商品登録制度公募要領(様式) (Wordファイル)(63KB)

Adobe Reader外部リンク

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

おすすめコンテンツ

この記事をシェアする