ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

ようこそ知事室へ

印刷用ページを表示する掲載日2018年4月6日

ようこそ知事室への画像

広島県には、競争力のある産業と蓄積された技術、優れた人材、世界的にも恵まれた自然環境、世界遺産など、多くの力と宝があります。過疎化、高齢化、人口減少に直面する中で、広島県が新たな発展を遂げて活力ある将来を築くためには、この力と宝を最大限に活用していかなければなりません。

こうしたことを念頭に、まず、県が果たすべき使命等を明らかにした「広島県職員の行動理念」を全職員で理解、共有し、「県民起点」、「現場主義」、「予算志向から成果志向への転換」という県政運営の「3つの視座」について、日々の業務の中で徹底してまいります。

その上で、県庁のすべての力を持って、広島県の持つ底力を最大限に引き出し、人づくり、経済、暮らしなど、あらゆる分野で、新たな活力を生み出すためのさまざまな挑戦を行い、「広島県に生まれ、育ち、住み、働いて良かった」と心から思える広島県を県民の皆さまと共に実現してまいります。

広島県知事 湯崎 英彦

おすすめコンテンツ

みなさんの声を聞かせてください

満足度 この記事の内容に満足はできましたか? 
容易度 この記事は容易に見つけられましたか? 

この記事をシェアする