ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 分類でさがす > 防災・安全 > 防災・安全 > 国民保護 > 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の対応について

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の対応について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年4月21日更新

広島県では,外国からの武力攻撃事態等が発生した場合に,県民の安全を守るため,
広島県国民保護計画」を策定し,県民の避難や救援,被害の軽減などを図ることとしています。

万が一,ミサイルが発射され,広島県内への影響が予想される場合には,
国から,ミサイル発射情報や屋内退避の呼びかけ等の緊急情報が,
Jアラートにより伝達され,その情報が携帯電話の緊急速報メールや市町の防災行政無線等を通じて,
県民の皆様に伝達されますので,落ち着いて直ちに以下の行動をとってください。
また,これらの緊急情報にあわせて,テレビ,ラジオの報道情報等にも注意してください。

なお,詳細については,国民保護ポータルサイト
及び武力攻撃やテロなどから身を守るために(内閣官房パンフレット)をご覧ください。

緊急速報メールや防災行政無線等で緊急情報が伝達された場合の行動

【屋外にいる場合】
○近くのできるだけ頑丈な建物や地下街等に避難する。
○近くに適当な建物がない場合は,物陰に身を隠すか地面に伏せ頭部を守る。

【屋内にいる場合】
○できるだけ窓から離れ,できれば窓のない部屋へ移動する。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページがお役にたちましたら、下のいいねボタンを押してください。


県政ピックアップ