ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
現在地トップページ > 組織でさがす > 農業技術課 > 指定配合肥料生産の届出について

指定配合肥料生産の届出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2015年12月25日更新
・ 広島県内の生産事業場において指定配合肥料を生産する場合は,肥料取締法第16条の2の規定によって知事(または農林水産大臣)への届出が必要です。
・ 届出は生産する肥料ごとに行う必要があります。
・ 届出事項に変更が生じたり,生産をやめた場合にも届出が必要です。
・ 販売する場合は,別途肥料販売の届出が必要です。

1 指定配合肥料とは

・ 登録を受けた普通肥料のみを原料として配合する場合は,指定配合肥料として生産できます。
・ 指定配合肥料の届出先は,原料となる肥料の種類によって異なります。

○ 届出先等

届出先

広島県(知事)

国(農林水産大臣)

指定配合肥料の種類

○  都道府県知事に登録した普通肥料 のみを配合した肥料(法律第16条の2第1項)

   ・有機質肥料のみを配合する場合
   ・石灰質肥料のみを配合する場合

○  農業協同組合等が生産する指定配合肥料
 (法律第16条の2第2項)

○  肥料取締法第4条第1項の第1号または第2号の普通肥料(農林水産大臣登録)を原料として配合した肥料

○  ただし,農業協同組合等(県の区域を越えない農業協同組合連合会を含む)が指定配合肥料を生産する場合は,県知事へ届出

手続きは
独立行政法人農林水産消費安全技術センタ-神戸センタ-
(電話)050-3797-1914 までお問い合わせください。

 

2 届出の内容等(知事)

届出の内容

提出時期

提出書類【提出部数】

生産を開始するとき

生産を開始する日
から2週間前まで

○  指定配合肥料生産業者届出書 (様式第9号) 【2部】
○  法人:登記簿抄本 【1通】
個人;住民票 【1通】
○  生産工程の概要 【1部】
○  配合する肥料の登録証の写し 【1部】
○  配合する肥料設計書(配合割合等) 【1部】
○  生産事業場及び保管する施設の位置図 【1部】
○  その他資料:必要に応じて添付資料を追加 【1部】

届出内容に変更が生じたとき

変更の例
 ○ 法人の名称,代表者の氏名
   及び所在地の変更 

 ○ 氏名,住所の変更(個人) 

 ○ 生産事業場の名称,所在地
   の変更

○  保管施設の所在地の変更

変更が生じた日か
ら2週間以内

○  指定配合肥料生産業者届出事項変更届出書 (様式第10号) 【2部】
○  法人;登記簿抄本 【1通】
  個人;住民票 【1通】
○ 生産事業場及び保管する施設の位置図 【1部】

生産を廃止したとき

廃止した日から2
週間以内

○  指定配合肥料生産事業廃止届出書 (様式第11号) 【2部】

3 届出先及び問い合わせ先

 農林水産局 農業技術課
 〒730-8511 
 広島市中区基町10-52
 電話;(082)513-3585 Fax;(082)223-3566
 Email;nougijutsu@pref.hiroshima.lg.jp

4 その他

・ 返信用封筒(角形2号)及び切手を送付してください。(県から申請者へ返信する書類はA4用紙2~3枚程度です。)

・ 申請書様式や記載方法等については「ダウンロ-ドファイル」を参考にしてください。

・ 申請書類を事前にFaxしていただければ,内容を確認してお答えします。

・ 申請書類はA4版で印刷してください。

ダウンロ-ド

Adobe Readerダウンロード

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

県政ピックアップ